ミニバンの排気量

ホンダの新型モデルラッシュは、フィット・ハイブリッドやヴェゼルに搭載されているSPORT HYBRID i-DCDの度重なるリコールによって遅れ遅れになっていますが、それでも続々とモデルチェンジや新型車種の発売が控えています。

 

注目すべき車はいっぱいあるのですが、現在一歩遅れた形となっている中型ミニバンのステップワゴンにはちょっと気になる情報があるのです。

 

それはエンジンなのですが、日産がセレナで簡易型ハイブリッドシステムを搭載し、トヨタがノアとヴォクシーで1.8リッターハイブリッドモデルを発売している中でホンダのステップワゴンも2リッターのハイブリッドモデルになるのではないかといわれてきたのですが、ここで新たな展開を見せることとなりました。

 

それはハイブリッドシステムではなく、ダウンサイジングターボエンジンです。

 

ホンダはあまりターボエンジンを好まない自動車メーカーで軽自動車を除いた車ではシビックやインテグラ、NSXなどのスポーツモデルですらNAとしていたのにここでハイブリッドシステムの開発が進んでいないことやここ最近のリコールのおかげでそれを半ばあきらめる形となったのです。

 

そこで選んだのがダウンサイジングターボエンジン、排気量を小さくして燃費を稼ぎ、排気量を小さくして失ったパワーをターボで稼ぐというものを採用することにより、開発費を極端に少なくするを実現し、それに伴い販売価格も安くすることができるのです。

 

ステップワゴンに採用されるのではないかといわれているのが、1500ccのターボエンジンでステップワゴンで初お目見えするようです。