ノアの中古車

ノアは兄弟モデルであるヴォクシーと共にトヨタのトールワゴン型中型ミニバンクラスを背負って立つ非常に重要な車で、トヨタもかなり力を入れて販売しています。

 

2014年になってからもそれまで中型ミニバンクラスを牛耳っていた日産セレナを打倒すべく、プリウスのハイブリッドシステムを積み込んだハイブリッドモデルと共に新しいモデルを発売することになりました。

 

新車市場でこういった形になっているのですが、このことが中古車市場にどのような影響を与えているのでしょうか。

 

考えられるのはやはり新型モデル発売ということによって買い替えが進み、今まで乗っていたノアが中古車市場に大量に流れ込んでくるということです。

 

セレナに負けていたとはいってもそれなりの販売台数となっているノアがすべてではないもののそれなりの数が流れ込んでくるということは価値が一気に下がってしまうということです。

 

それは販売価格面ではよいことになるのですが、買取面で考えると査定額の標準価格が一気に下がってしまうということを示しています。

 

これはノアを中古車として購入しようとしている方にとっては朗報ですが、売却したいと思っている方にとっては良い知らせではありません。

 

ただここが中古車市場のうまいところで、台数が多いからという理由で買取額を安くる割には、売るときには人気車種ということでそれほど現状と変わらないような価格で売るのです。

 

こういった流れで一番得するのは車の売買にかかわる業者なのです。